共同研究を進めていくためには,相手方との交流を活発にしないといけないのは当然.だけど,科研費でも当たらなければ交通費の支出もできないので,大きな支障となる. 都内であれば交通費などさほど大きな問題にならないのかもしれないけど,地方に住んでいるとそうはい ...