共同研究を進めていくためには,相手方との交流を活発にしないといけないのは当然.だけど,科研費でも当たらなければ交通費の支出もできないので,大きな支障となる.

都内であれば交通費などさほど大きな問題にならないのかもしれないけど,地方に住んでいるとそうはいかない.

確かに昔と違ってSkypeを使えば,簡単に打ち合わせができる時代ではあるが,やはり対面で話をするのとでは全く異なる.

 

先週末,久しぶりに共同研究している先生とお会いして打ち合わせした.結果は上々でかなりよい方向で今後の研究を進められそうだ.

だけど,以前のように行きづらくなった.単に私の気持ちの問題なんだけど,しばらく顔を合わせなかったらそうなるものだ.

 

打ち合わせ後は夕食を一緒にして,いろいろ雑談したけど

一見,無関係と思えるようなそういう付き合いも研究を進めるにはとても重要.だけど,当たり前だけど食事代は科研費からは出せない.学会の懇親会費だって自腹.

 

接待費が欲しいところだが,営業でもないとそれは難しいよなぁ・・・