採録決定となった論文の校正刷が届いた.

レイアウトをみると,出版社のフォーマットなので「おぉ!」と感激したものの・・・

細かいところを見ていくと,意外とマズい箇所がいくつか.

 

なんか,番号表記などが出版社の方で勝手に(?)変えられちゃっていて,それに対応する形で図中の表記も変えなきゃいけなくなった

内容の本質に関わるところじゃないので,そうせよと言われたら別にそれでいいけど・・・

それなら最初からそのフォーマットで提出させてほしかったというのが感想.submit用のフォーマットと最終稿のフォーマットが異なるのは,なんとも面倒なものです.せっかくTeXを使ってるのにあまり意味がないよね.

 

だけどここのジャーナル.海外の出版社だけど,まぁまぁ対応が早いのでいいかもしれない.査読も結構ユルいけど,いい加減というわけじゃないしね.

もちろん,素晴らしい結果が出た時はもっと高いレベルの「純米大吟醸クラス」のジャーナルに投稿するとして,普段使いの「純米酒レベル」や「吟醸酒レベル」としてここは悪くないかも?

なにはともあれ,これで今年の1本は完成!

次は〆切がextendされたSICE 2019のposition paperを出すことにしようかな.

 
編集後記
ジャーナルの編集者に「校正後の原稿を送ります」というとき,英語で何と言えばいいか.Googleで検索をかけたけど,どうもピンとくる表現がない.

いろいろ調べた結果,send the proofread file とした.proofreadって「〜を校正する」という他動詞.たぶんこれを過去分詞としてproofread(プルーフレッド)file と捉えるのが正しいのだろう.breakを過去分詞にして,broken window(割られた窓)とするのと文法的には同じ.

こういう論文本体と関係ないところで英語力が問われるんだよなぁ.