長年,一緒に仕事をしてきた方がいるんですが,某大学の教授として栄転されました.私は自分の事のように嬉しかったし,いろいろ労苦を共にして一緒に頑張ってきたという思いがありました.

昨年の話なんですが,ちょっと最近彼のことで気になることがあったので,いろいろ調べたところ(具体的なことはとても書けませんが)

その方と一緒に仕事をしてきた人たちに対しては,いろいろ配慮されてうちを退職されたことを知りました.だけど,私も少なからず関わりがあったにもかかわらず,蚊帳の外に置かれていたらしいのです.

その事実を知った時,私は少なからずショックを受けました・・・

そして,彼が大学に行った後もたまに研究に関するメールをすることがあったんですが,どうも以前より素っ気なく適当にあしらわれてるような雰囲気がメールの文章に漂っていて,私としては今までとは全く異なる強烈な違和感がありました.

最初は移籍したばかりで忙しいのかな?と思ってましたが,今回発覚した件を鑑みると・・・

「もう同僚じゃないから,こいつは適当にあしらってしまえ」

などと考えていたのでは?まさかそのような人ではないと私は信じてましたが,ひょっとしてそうなんだろうかと.そして,大学に移った後も

「◯◯◯◯な研究(私の専門が少しだけ関わる内容)を今考えているので,これからも一緒にやろう!」

などと話していたんです.だけど,どこまで本気で考えているのか疑わしくなります.

そういえば,以前から思い当たる節はありました.「◯◯◯◯が終わったら飲みに行こう!」とか「学会で◯◯◯◯へ行った時は飲みに行こう!」などといつも言われてましたが,10年以上も付き合いがあったのに一度も実現したことありません.

ある学会のときは酷いものです.

同じ学会に参加した同僚たちと飲みに行こうと言ってたんですが,私は都合が悪かったのでちょっと遅れていくと伝えました.そしたら彼は私の携帯番号を教えて欲しいと言ったので,番号を伝えました.彼はそれをメモして「後で連絡する」と言ってました.

私は用事が済んだ後,彼から連絡が来るのをずーっと待ってましたがついに来ませんでした.結局,私だけその夜は蚊帳の外にいたことになります.翌朝,彼は私のところに駆けつけると

「ごめんなさい!電話番号を書いたメモをなくしてしまって連絡できなかったんです.」

まぁ・・・・彼の方が年上ですから,私の方から彼の電話番号を聞いて電話をかけるべきでした.でも,彼から電話番号を教えてくれと言うので,そこまで深く考えずに教えましたが,今考えると最初から電話するつもりなかったんでしょう.他人に対する気遣いは,考えすぎるくらいの人でしたから尚更です.故意としか思えません.

物腰が柔らかく,決して激することがなく,誰に対しても前向きに励ましてくれる優しく尊敬できる先輩で,私は彼から多くのことを学びましたが・・・

結局は損得だけを基準に人付き合いをする人なんだと分かり,かなり落胆しました.

私のことが嫌いなら,わざわざ飲みに行こうなどと関わりを持つようなことを言ってこなければいい.そこが不思議でもあり,腹立たしくもあります.

人付き合いは難しいですね・・・

初対面の人に対し,最初から疑いの目を向けるのは,決してよいことではありませんが・・・・

人は見た目でわかりません.