さて,もうそろそろ2月.

バレンタインデーの季節ですが,ちょっと面白い記事を発見したので読んでみました.今回は Japan Times の記事です.出典はこちら:The logistics of a luxury Valentine’s
by Angela Erika Kubo(写真付きです)

Advances in technology have made it possible for people as far away as Japan to enjoy the best of France’s chocolate delights.


“We can send our product quickly by airplane and it will arrive in
just two or three days,” says Clément Groisne, managing director at the
Japan office of Parisian chocolate maker Hugo & Victor. “Unlike in
the past, we can instantly freeze chocolate the moment we’re done making
it. We can easily preserve the quality of the ingredients, and it’s
hard to tell the difference in taste between fresh chocolates and
chocolates that have been frozen.”


技術の進歩により,日本と同じくらい遠く離れた土地にいる人々が,フランスのチョコレートの最高の喜びを楽しむことが可能になった.「我々は空輸により迅速に商品を送ることが出来るし,商品はわずか2,3日で届く」とパリのチョコレートメーカーであるヒューゴ&ビクトールの日本支社長クレメント・グロイスネ(←フランス語読みが分かりません!!)はそう語る.「以前と違って,我々はチョコレートを作り終わった瞬間に冷凍することが出来る.素材の質は容易に保つことが出来るし,新鮮なチョコレートと冷凍チョコレートで味の違いはほとんどない.」



However, despite the availability of a freezer and a short plane
ride, importing chocolate in time for Valentine’s Day still gives
Groisne a headache every year. Department stores’ strict standards on
everything from the quality of the chocolate to the packaging make it
difficult for even the best patisseries in Paris to break into the
Japanese market.


“Our criteria for choosing a chocolate maker is someone who has skill
and has already created a lot of buzz with his product,” says Teruhiko
Kawaguchi, a food buyer for Isetan Mitsukoshi Ltd.


At Isetan Department Store in Shinjuku, which hosts an annual event
called Salon du Chocolat in January, not just any old brand is good
enough for the chocolate lovers who come from all over Japan. Buyers
narrow down their choices by looking at past winners of the Un des
Meilleurs Ouvriers de France triennial competition or poring over
guidebooks published by the prestigious Club des Croqueurs de Chocolat
(Chocolate Appreciation Society).


しかし,冷凍機と短時間の空輸が利用出来るにも関わらず,バレンタインデーに合わせたチョコレートの輸入は毎年グロイスネ氏を悩ませている.チョコレートの質からその梱包に至るまで,あらゆることに関する百貨店の厳しい基準が,パリ最高峰のパティシエでさえ日本のマーケットに参入することを困難にしている.

「チョコレートメーカーを選ぶ我々の基準は,技術を有していて,すでにその商品に関して話題になっていることです.」と,伊勢丹三越の食品バイヤーであるカワグチ・テルヒコは言う.1月にサロン・ド・ショコラと呼ばれる毎年恒例のイベントを開いている新宿の伊勢丹百貨店では,老舗ブランドだけでは,日本全国から来るチョコレート好きの人たちを満足させるのに十分ではないという.バイヤーたちはUn des Meilleurs Ouvriers de France という3年に1度のコンテストを見たり,権威あるClub des Croqueurs de Chocolat が発行するガイドブックに注目することにより選択範囲を絞る.


何気なく見ていたデパートのチョコレート売り場ですが,裏ではバイヤー達の入念な商品選定があるんですね.老舗だけでなく,新しいメーカーにも着目するところはさすが百貨店です.

※サロンドショコラの公式ホームページはこちら(←オシャレな店が多いですね♪)



Even then, being regarded as one the best chocolatiers in France or
having years of chocolate-molding experience does not guarantee you a
ticket to Japan.


“We try to look for chocolate makers who can adjust to the Japanese
consumer,” says Kawaguchi. “Even if you’re the best, if you think that
the packaging that the chocolate comes in is unimportant, you won’t be
able to do well here.”


In Japan, presentation is as important as taste, especially when it comes to impressing a significant other on Valentine’s Day.


それでも,フランスで最高のショコラティエとして認識されることや,何年もの間チョコレートを作ってきたという経験は日本へ行くチケットを保証するものではない.

「我々は日本の消費者に合わせることの出来るチョコレートメーカーを探している」とカワグチは語る.「たとえ最高峰のメーカーでも,チョコレートが入っている包装は重要でないと考えていたら,日本で成功することはないでしょう.」

日本では,プレゼンテーションは味と同じくらい重要であり,とりわけバレンタインデーにおいて,好印象を与えることは重要なことである.



“Packaging is very important. These days, more and more women are
also giving out chocolate to their friends, so they want products with
cute packaging,” says Kanako Otani, a food buyer for Shibuya Hikarie’s
ShinQs shopping section.


If it’s packaging that the Japanese want, then Hugo & Victor has
one less thing to worry about. Its chocolates at this year’s Salon du
Chocolat come in boxes that resemble hardcover books — a design that is
based on the fact that the name of the brand was inspired by French
writer Victor Hugo.

「包装は大変重要です.近年,ますます多くの女性達がチョコレートを友達に送るようになってきており,かわいい包装に包まれた商品を望むのです.」渋谷ヒカリエのShinQs販売部門の食品バイヤーであるオオタニ・カナコは言う.もし日本人が包装をこそ望むのであれば,ヒューゴ&ビクトール社は頭を悩ませるべき劣っている点が1つある.今年のサロンドショコラにおける彼らのチョコレートは,ブランド名がフランス人作家ビクトル・ヒューゴから連想されたものであるという事実に基づいたハードカバー本のような箱に入っている.


リンク先の写真を見た限りでは,ハードカバー本のような箱は結構オシャレでいいと思うんだけどね.このデザインでも梱包に問題ありと判断するんだろうか??



“In Japan, limited-edition products are popular, and consumers want
to see things that we usually don’t make in France,” says Groisne.


In a country where new flavors come and go on the convenience-store
shelves and sweet makers constantly scratch their heads as they think of
new products to entice customers, Hugo & Victor couldn’t have found
a better country to fit in. The patisserie takes the flavor of its
sweets seriously. While some of its chocolates are available throughout
the year, others are switched out every two months depending on what is
in season to ensure fresh, quality ingredients. That concept works well
in Japan, where consumers prefer a bit of a variety.


「日本では限定商品に人気があり,消費者は我々がフランスで作っていないものを見たいのだ.」グロイスネは言う.

新しい風味がやってきて,それがコンビニの棚へ行き,そしてメーカーは常に消費者を惹付けるための新商品を考え,常に頭をかきむしっている.そのような国において,ヒューゴー&ビクトールは適合できるような国を探せたはずがない.彼らのパティシエはスイーツの風味を非常に重視する.年間を通して入手出来るチョコレートがある一方で,新鮮さと素材の質を確かなものにし,食べごろにある商品であること考慮して,2ヶ月に一度入れ替えられるものもある.その考え方は多様性を好む日本ではうまくいくだろう.



Even without a shop to sell its products, Hugo & Victor has been
enjoying popularity in Japan since it started participating in Salon du
Chocolat in 2011. The brand is hoping to capitalize on this by opening a
store in Tokyo later this year. Its chocolates go for around ¥4,000 a
box of 12.


“In 2011, our stock sold out within three days, and we once had to
extend operations by 30 minutes because we still had waiting customers,”
says Groisne.


So when you’re chomping your imported chocs this Valentine’s, spare a little love for the people who brought them here.


商品を売る店がなくても,ヒューゴー&ビクトール社は2011年のサロンドショコラから参加し始めて以来,日本で人気を得て来た.そのブランドは今年の末に東京で店をオープンすることにより,この事実を利用しようとしている.ここのメーカーのチョコレートは,12個入りの箱で4000円前後する.「2011年我々の在庫は3日で売り切れた.そして,我々はかつて30分作業を延長しなければならなかった.我々は未だ消費者を待ち望んでいたからである」グロイスネは言う. 

あなたが今年のバレンタインデーに輸入チョコレートを食べている時は,日本でそれらを購入してくれた人たちへわずかばかりの愛情を残しておこう.



長くて疲れました.語彙はまた後で・・・

ブログの毎日更新は結構ツラいです(笑)


でも,継続は力.頑張って行きたいと思います.


↓初心者におすすめする英字新聞.結構本格的ですよ〜↓
The Japan Times Weekly