ある財団の助成金申請の〆切が今週末だったことが判明。うーむ、忘れていた。機関長の推薦書と公印も必要だから、明日くらいには提出しないと間に合わない。今年の研究費は昨年に比べて6万円も削減されているから、10万でも20万でも外部から貰えると大変ありがたい。通って欲しいところだ。

それにしても、推薦書ってどんな文章を書けば良いんだろ?初めての経験。科研申請でも推薦書は必要ないしね。もちろん、表向きは機関長が書いたことになるけど、実際は自分で書いて機関長から承認だけ貰うというのが普通。うーむ、自分で自分を推薦するなんて、なんか抵抗があるんだけどなぁ。一応、ワタシが考えた文章は、

「申請者の研究テーマは*******であるため貴財団の*******という趣旨に合致する。また、申請者はこれまで*****の点において、********という実績を残してきた。したがって、申請者は貴財団の趣旨とする研究の成果を残すに十分な力量を備えていると判断するので推薦する」

こんな感じでいいのかな?同僚に相談してみよう。