結構いろいろ問題が生じてまともな環境にするまで時間がかかった。

先ず,研究用に作成したRのプログラムだが,一部C言語で作成したネイティブの実行ファイルがLion上で動かず。コンパイルし直そうと思ったが,今度はgccがcommand not found

で,Xcodeをインストールし,再度コンパイルしたところ,今度はgcc-4.3がないとのこと。えーい!ネットで検索したところ,gcc-4.3のインストール方法を書いてあるページを見つけたので,その手順に従って追加インストール。Lionではgcc-4.3がなくなったらしい(そんなの知らんかった)。それでやっとコンパイルできた。ふー,試行錯誤しながらで,ダウンロード時間を含めて3時間くらいかかったかな。時間がもったいない。

次に問題が生じたのはTeX。/usr/local/bin/にtexコマンドがない!いったいどこにあるんだ?TeX Shopをインストールしたけど,これじゃコンパイルできない。

で,これも調べたところ,MacTeXなるパッケージをインストールするとよいとか。それをダウンロードしてインストール。と,文書にすると簡単だが,インストーラは1.7GBもあるのでダウンロードだけでも数時間かかった(光じゃなくイーモバイルなんで)。

やっとこさ,ダウンロードが完了して論文ファイルを開いてコンパイルすると,今度は日本語の文章の箇所でエラー発生。う〜む,日本語環境が別途必要らしい(面倒やな)。で,日本語環境であるUpTeXをダウンロードしインストール。そしてコンパイルすると,うむ,ちゃんと出来た。しかし,手間がかかった。Snow Leopardのときはこんなに面倒じゃなかったような気がしたんだけど。